朝起きられない

【さらば朝寝坊】朝の二度寝は改善する事はできる!二度寝を改善する方法!

投稿日:

朝の二度寝は本当に気持ちくて、目覚ましが鳴っても「あと5分だけ・・・」と目を瞑ってしまう事ありませんか?


ツイッターでも同じような悩みを持っている人が居るようです。

ですのでこの記事では二度寝を改善する方法と、二度寝をする事によって起きるデメリットについて解説しますね。

こんな方におすすめの記事になっています

  • 二度寝をしてしまう理由について知りたい
  • 二度寝をする事によるデメリットが知りたい
  • 二度寝の改善方法が知りたい

 

それでは早速行きましょう!

なんで二度寝しちゃうの?二度寝をしてしまう理由3つ!

人は朝起きたらついつい二度寝したくなる生き物・・・。

そんな二度寝をしてしまう理由について解説します

二度寝をしてしまう理由3つ

  • 睡眠不足
  • 起きるタイミングが悪い
  • 睡眠の質が悪い

睡眠不足

一番考えられる原因が睡眠不足です。

朝がくる時間は同じだけど寝る時間が遅いがために、二度寝をしてしまうパターンです。

もっと寝ていたいと布団の中でグズグズしていたら二度寝・・・なんて事もあります。

起きるタイミングが悪い

人間の睡眠は2種類存在します。

浅い睡眠(レム睡眠)と深い睡眠(ノンレム睡眠)があり、1時間30分おきに繰り返していると言われています。

レム睡眠中に起きるとスッキリと起きられるのですが、ノンレム睡眠の時に無理やり起こされると、頭がぼーっとしたりして、すぐには起きられません。

朝方になるとレム睡眠の割合の方が多くなるのですが、就寝時間によってタイミングも変わってきます。

睡眠の質が悪い

心配事があったり、明るい部屋で寝落ちしたり枕が自分に合っていなかったり・・・。

心と身体を落ち着けて眠ることができていないというのは、睡眠時間をたっぷりとっていても寝不足と同じです。

早めに寝たのに疲れが取れない、など思い当たる節がある人は、睡眠の質を見直す必要がありそうです。

二度寝によるデメリットをご紹介!これで二度寝をしなくなる?

二度寝には良い二度寝と悪い二度寝の2種類が存在します。

ここではまず、悪い二度寝について解説します。

良い二度寝については後から記載しますね。

悪い二度寝

1時間以上、二度寝をしてしまう

特に一度起きてから体を1度も起こさずに1時間以上ダラダラと二度寝してしまうのは、体内時計を狂わせてしまいます。

体内時計が狂ってしまうと、睡眠サイクルに悪影響を与えてしまいます。

例えば夜になっても眠れないなどの最悪な状態になってしまうのです。

とにかく1度起きることが大切なので、身体中に朝日を浴びるようにしてくださいね。

体内時計や生活リズムが乱れるととても危険?睡眠のリズムを直す方法

今回の記事では体内時計のリズムを改善する方法について解説します。 こんな方におすすめの記事になっています 体内時計を改善しないとどんなデメリットがあるのか? 体内時計のリズムが崩れる原因 体内時計を改 ...

続きを見る

反対に二度寝のメリットはある?

二度寝のメリットって存在するの?と疑問を抱くかもしれませんが、ちゃんと存在しますよ。

二度寝のメリット

二度寝は15分以下にすればメリットがある!

二度寝をする時ってフワフワした感じでとても気持ち良い感じになりませんか?

実は二度寝をすることによってリラックス効果を促すエンドルフィンという成分が分泌されてストレス解消にも効果的と言われています。

さらに、15分の時間を守れば体内時計も狂わずにストレス解消にもなるので、すごいメリットですよね。

しかし、何かと忙しい朝は二度寝をしている時間が無いと思いますので、二度寝をしない方法について解説しますね。

二度寝を改善したいなら光目覚まし時計を使うようにしよう!

二度寝を改善したいなら光目覚ましを使うのがオススメです。

光目覚まし時計をオススメする理由

  1. 音が鳴る目覚まし時計は自律神経を乱れさせる
  2. 光で起きると体内時計をリセットさせる
  3. 光は覚醒ホルモンを分泌させるからスッキリ起きれる

音がなる目覚まし時計は自律神経を乱れさせる

眠ってリラックスしている状態の時にいきなり大音量でアラームが鳴ると、ドキッとしたことありませんか?

そのドキッとした時は心臓や自律神経など、体にとって悪影響でしかありません。

朝から自律神経を乱れさせてしまっては仕事にも集中できなくなってしまいます。

光で起きると体内時計がリセットされる

体内時計は睡眠サイクルだけに影響するだけでなく、人間の体温や血圧、新陳代謝、循環器、免疫力には1日のリズムがあり、体内時計と連動されていると言われています。

check!もちろん、光は朝日を浴びるだけで良いのですが、天気は毎日晴れというものではありませんよね。

光は覚醒ホルモンを分泌するからスッキリ起きれる

朝に強い光(2500ルクス以上)を浴びることにより、セロトニンという覚醒ホルモンが分泌されて、目覚めを促してくれます。

セロトニンが分泌されることにより、自然に目が覚めるのでスッキリとした感覚で起きることが出来るのです。

check!部屋の電気でも大丈夫?と思うかもしれませんが、部屋の電気は700ルクスですので、セロトニンはあまり分泌しないでしょう。

光目覚まし時計にすることによって睡眠に関しての悩みはほぼ解決できますね!

私のオススメの光目覚まし時計は「inti4」です。

inti(インティ)4の評価や評判は?超人気の光目覚まし時計の効果は?

今回の記事ではinti(インティ)4の評価や口コミを徹底解説する記事になっています こんな方におすすめの記事になっています inti4の口コミや評価が知りたい inti4の特徴が知りたい inti4を ...

続きを見る

まとめ

朝に二度寝をしてしまうのは、睡眠不足や睡眠の質が悪かったりと様々ですが、二度寝には良い二度寝と悪い二度寝が存在します。

二度寝が健康に良いからと言って平日に二度寝をするのは時間的にも難しいです。

もし、二度寝をしたいなら休日だけと決めたりして平日はなるべくカーテンを開けて朝日を浴びるようにしてくださいね。

-朝起きられない
-, , , , , , , , ,

Copyright© アサカツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.