朝起きられない

朝がきつくて起きるのがしんどい時の原因と具体的な改善方法とは?

更新日:

朝起きると体がだるかったり、動く気力がないという事ありますよね。

寝たはずなのに、前日の疲れが溜まっている感じになってしまいます。

これでは朝からシャキッと動くのも不可能になってしまいます。

ツイッターでも同じ悩みを持っている人がいました。

今回の記事では朝がきつくて起きるのがだるい原因と解決方法について解説します。

こんな方におすすめの記事になっています

  • 朝起きるのがだるい理由を知りたい
  • 朝がきつくて起きられないから解決策を知りたい

朝がきつくて起きるのがだるい原因を代表的な理由3つから紹介

朝起きるのがだるいという方は以下のような原因が考えられます。

朝起きるのがだるい理由3つ

  1. 体内時計が調整されていない
  2. いびき・歯ぎしりが原因
  3. 寝る前に飲酒している

それでは一つずつ見ていきましょう。

体内時計が調整されていない

体内時計は寝るタイミングや起きるタイミングを調整している大切なものです。

この体内時計は太陽の光を浴びると調整され、朝起きる時に光を十分に浴びないと寝起きがスッキリしないのです。

メラトニンという眠気を促すホルモンは光を浴びる事で分泌が減少して、セロトニンという目覚めを促進するホルモンの分泌が活発になります。

私達、人間の身体は太陽の光を浴びる事によってバランスを整える事ができています。

体内時計や生活リズムが乱れるととても危険?睡眠のリズムを直す方法

今回の記事では体内時計のリズムを改善する方法について解説します。 こんな方におすすめの記事になっています 体内時計を改善しないとどんなデメリットがあるのか? 体内時計のリズムが崩れる原因 体内時計を改 ...

続きを見る

いびき・歯ぎしりが原因

いびきや歯ぎしりをしている方は十分な睡眠が取れていない可能性があります。

いびきをかいている間は気道が狭くなっているため、十分に酸素を取り込めていないという事になります。

いびきは、肥満や首回りの筋力低下、鼻づまりからの口呼吸によって起きるとされています。

寝る前に飲酒している

寝る前にお酒を飲むのが日課になっている人もいるでしょう。

しかし、これはやめた方が良いでしょう。

なぜならアルコールは自律神経を乱してしまうので、寝起きはだるくなってしまうのです。

朝がキツくて起きられる解決方法

朝が毎朝キツイ・・。

けど、どうにかして解決したいという方は以下の3つの手順から実践してみてください。

朝をスッキリ起きる方法

  • 光目覚まし時計を使う
  • 肥満を解消する
  • 眠る3時間前のアルコールを控える

 

とりあえず、上記3つを実践してみると良いでしょう。

 

光目覚まし時計を使った方が良い理由

目覚まし時計と言えば、あのウルサイ音が鳴り響くものを想像される方も多いと思います。
今ではスマホでアラームを自分の好きな歌に変えられますが、正直迷惑ですよね。

イライラしてしまいますし、目覚めが最悪ですよね。
そこでおすすめしたいのが、光目覚まし時計です。

 

光目覚まし時計は、目から光を取り入れさせることで、気持ちよく自然に起きることができるようになる目覚まし時計です。

照度2,500ルクス以上の光を目から取り入れることで、メラトニンという眠気を促すホルモンを抑え、セロトニンという目覚めを促すホルモンを促進させます。
このことで、体内時計が調整され、寝る時間と起きる時間のタイミングが整えられます。

即効性はないため、しばらくの間、光で起きるということを身体に覚えさせてあげる必要がありますので、その間は通常の目覚まし時計も併用することをおすすめします。

光目覚ましだけで起きる事に慣れて、体内時計が整えば、寝起きがだるいという事も改善されて毎朝スッキリ目覚めることも可能になってきます。

光で起きることができるというのはとても気持ちがいいものなので、興味がある方はぜひ光目覚まし時計を試してみてくださいね。

\おすすめの光目覚ましはinti4/

inti4の公式サイトはこちら

inti4の詳細はこちら

-朝起きられない
-, , ,

Copyright© アサカツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.