朝起きられない

体内時計や生活リズムが乱れるととても危険?睡眠のリズムを直す方法

更新日:

今回の記事では体内時計のリズムを改善する方法について解説します。

こんな方におすすめの記事になっています

  • 体内時計を改善しないとどんなデメリットがあるのか?
  • 体内時計のリズムが崩れる原因
  • 体内時計を改善する方法

 

体内時計や生活リズムが崩れる原因

体内時計や生活リズムが崩れる原因は主に2つ存在します。

体内時計が崩れる原因2つ

  1. 不適切な光環境
  2. 朝食を抜く事でもリズムが乱れる

不適切な光環境

体内時計や生活リズムが崩れる原因は不適切な光環境によって崩れていきます。

夜遅くまで明るい環境で起きていたり、朝遅い時間まで太陽の光を浴びる時間が遅れてしまうと、時刻合わせが出来ずに体内時計が崩れてしまうのです。

朝に太陽が出てもカーテンを閉めれば暗くなりますし、現代社会では夜間でも明るい環境を作る事ができてしまうのです。

朝食を抜く事でもリズムが乱れる

体内時計は脳内に存在し、「主時計」とも呼ばれており、朝日を浴びると調整され、そこから体全体のリズムを整えていきます。

また、腎臓や肝臓、心臓などにも固有の時計が備わっており、これらの時計をリセットするには栄養バランスの摂れた朝食と言われております。

もし朝食を抜いてしまうと、腎臓や心臓などの時計がリセットされないため、生活リズムが改善される事はないでしょう。

朝食を抜いても体内時計が崩れてしまうんですね。

体内時計や生活リズムが崩れるとどうなるの?

生活リズムが崩れると身体にも影響が出てきます。

昼になると頭がボーッとしたり、食欲が出なかったり、寝たい時間に寝れなかったり・・・

このように様々な影響が出てきます。

その他にも、生活リズムが崩れやすい人は肥満やメタボだったり、糖尿病になるリスクが高いと言われています。

WHO(世界保健機関)では交代勤務で仕事をしている人は体内時計が乱れやすく、日勤者より発ガンリスクも高いと言われています。

体内時計が乱れてしまうと、昼に眠くなったり、夜に眠れなかったり、肥満、発がんリスクが高いという事ですね。

体内時計や生活リズムを直す3つの方法!

体内時計を直す方法は以下の3つです。

体内時計を直す3つの方法

  1. 光目覚まし時計を使う
  2. 食事をしっかり食べる
  3. 運動をする
一つずつ解説していきます。

 

光目覚まし時計を使う

太陽の光を浴びると体内時計がリセットされると言われています。

可能であれば目覚めてからすぐに5分〜30分ほど朝日に浴びて欲しいのですが、現代の社会人には難しい話です。

しかし、そんな時に試して欲しいのが光目覚まし時計です。

inti(インティ)4の評価や評判は?超人気の光目覚まし時計の効果は?

今回の記事ではinti(インティ)4の評価や口コミを徹底解説する記事になっています こんな方におすすめの記事になっています inti4の口コミや評価が知りたい inti4の特徴が知りたい inti4を ...

続きを見る

inti4という光目覚まし時計は起きる30分前から徐々に光だしていくので、30分近く朝日と同じような光を浴びる事が出来るので、目覚めを良くして体内時計を少しづつ改善すると期待されています。

\今なら3ヶ月返金保証付き/

inti4の公式サイトはコチラ

inti4の詳細はコチラ

食事をしっかり食べる

食事を抜くと、摂食と関係のある臓器の時計遺伝子が防衛反応を起こして、体内時計がズレてきます。
起きてから1時間以内に、朝食をとるのがベストで昼食や夕食も毎日同じ時間に食べるのが良いとされています。

運動をする

朝食後の1時間以内、寝る1~2時間前に軽い運動やストレッチ、筋トレなどを取り入れると効果的です。
運動をする事で毎日の睡眠の質を向上する効果にも期待されています。

まとめ

体内時計や生活リズムが崩れる原因としては不適切な光環境や朝食を抜いている事が挙げられました。

「明日は休みだから今日は夜更かし♩」という気持ちも分かりますが、体内時計を直すなら少しでも早く寝て朝日を浴びるのがオススメです。

また体内時計や生活リズムを改善するには、光目覚まし時計を使ったり、食事をしっかりと食べて適度な運動をする事が一番の近道でしょう。

 

 

-朝起きられない
-, , , ,

Copyright© アサカツ! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.